睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群Sleep apnea syndrome

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは

日本人でいびきを習慣的にかく人は2000万人以上、そのうちの約10%の200万人が寝ている間に何十回も何十秒間か呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群だといわれています。良質の深い睡眠こそ健康の源です。

ところが、いびきをかいているのは眠りが浅い証拠でその代償として日中の眠気をもたらし、仕事の能率低下や居眠り運転事故を起こすなど、社会生活にさまざまな支障をきたしています。

また、長期にわたっていびきをかいていたり、無呼吸が続きますと、高血圧、不整脈、心臓病、脳梗塞などを誘発したり、記憶力や思考力の低下を招きます。

ですから習慣的にいびきをかいている人は一刻も早く治療を始めることをおすすめします。